信頼と実績のある小林製薬|しみやそばかすは肌トラブルの代表

夫婦

食事で改善する

血管

体の芯から温める

冷え症に効く食材として代表的なものに生姜とにんにくがあります。生姜は昔から漢方薬の原材料として利用され、消化を良くして胃腸を元気にする効果が知られています。生姜の有効成分のジンゲロン、ショウガオールなどの辛味成分と芳香成分のシネオールが、発汗を促して新陳代謝を活発になり、体の芯から温めるのです。にんにくは、スタミナ食品として有名ですが様々な薬効に優れ、冷え症の改善に役立ちます。にんにくは、たんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラルの他、アリシンやスコルジンという有効成分を豊富に含んでいます。スコルジンは自律神経の機能を高め血圧を安定させたり、毛細血管を拡張して血流を良くする働きをします。にんにくを食べた後の匂いが気になるという人は、食後にリンゴを一切れ食べたり、ミントガムを噛むと匂いが消えますのでお試し下さい。

積極的に料理使う

他に冷え症改善に有効な食材に玉ねぎがあります。玉ねぎ独特のつーんとした匂いは香り成分のアリシンによるものです。アリシンは発汗を促し体を温める作用の他に、利尿作用、殺菌作用があります。玉ねぎを切ると目にしみて涙が出ますが、これは酵素の働きによって硫化アリルの1種であるアリインがアリシンに変化したためです。アリインが酵素によってアリシンに変化することで強い玉ねぎ臭が出るのです。硫化アリルは体内でビタミンB1と結びついてアリチアミンとなりビタミンB1の体内吸収率を高めます。これにより新陳代謝が活性化して体全身の血液循環を促進します。玉ねぎの特徴が最も発揮されるのは、細かく刻んで強い臭いが発生した時です。刻んだ生の玉ねぎを料理に積極的に使用することで冷え症の改善ができます。