信頼と実績のある小林製薬|しみやそばかすは肌トラブルの代表

夫婦

高麗人参が良い

ウーマン

副作用もある

漢方は「血と気と水」この3つで構成されています。3つのバランスを取りながら、体の悩みを解決させていくのです。更年期の人の主な症状は、ほてりや動悸、息切れです。これらは血が滞っていることで発症します。落ち着かせるには、まず血のめぐりを良くすることです。高麗人参がブレンドされた漢方を飲むと、滞っていた血の流れも良くなります。更年期特有のほてりや動悸が抑えられ、過ごしやすくなるそうです。高麗人参には抗酸化作用のあるサポニンが含まれています。この成分には新しい細胞を作り出す効果があるので、いつまでも元気な体でい続けることができます。漢方はまったく副作用がないかというと、実はそうではありません。取り方を間違えると副作用が現れることもあります。

無理をしないこと

本来更年期は、ホルモン治療が一般的です。しかし現在はできれば自然治癒力で治したいと考える人が増えています。漢方ならホルモン治療よりも体の負担が少なく済みます。飲む上でこれだけは外せないという条件が、体に適しているものを選ぶことです。何にでも言えることですが、漢方の場合はこれで何もかもが決まります。更年期の症状を楽にする高麗人参は、飲みはじめに吐き気や下痢をおこすこともあるそうです。これは体の中に溜まっていた毒素が排出されるときにおこる症状で、次第に落ち着いてきます。ただし、ずっと続くようであれば体に合わなかったことも考えられます。そういった場合は無理をしないで使用をやめます。自分の体に合ったものを飲むことが大切です。あらためて新しい商品を購入します。