信頼と実績のある小林製薬|しみやそばかすは肌トラブルの代表

夫婦

眼の疲れ感じますか

サプリメント

環境を整えましょう

長時間デスクワークやスマートフォンの使用により眼精疲労を経験している人が急増しています。疲れ目によるかすみや充血のみならず、眼精疲労は頭痛や食欲不振、胃腸の不調を訴える場合もあり、日頃から対策を考えておくとよいでしょう。眼精疲労の原因に眼を使う環境があります。室内が暗すぎたり、パソコンモニターの位置が自分の座席の高さとかみ合わない場合、視力の低下や肩や腰の痛みに繋がります。また、室内環境が乾燥していると目が乾きやすく、かすみが酷くなったり充血する場合があります。まずは目を使用する環境を整えて事前の予防をしましょう。身体的な影響を受けやすい人には眼精疲労に効果的なサプリメントがあります。健康対策として取り入れる事で疲れにくい体を作りましょう。

眼に優しい成分です

ほうれん草やブロッコリーなどの野菜に含まれるルテインは、水晶体を白濁させる白内障や、網膜の働きが悪くなる黄斑変性症に効果があります。ルテインにより紫外線から身を守り、眼の細胞に受けるダメージを回避してくれます。また、アントシアニンは毛細血管の強化や血流を良くする効果があり、視覚情報を脳へ伝える働きを促進させてくれます。ブルーベリーやさつまいもといった青紫色の食材に多く含まれています。アスタキサンチンは赤色の色素で、カニやエビの甲羅の成分に含まれています。紫外線により生じるメラニンなどの有害物質を除去する作用があります。そして、眼精疲労に効果的な栄養素であるクロセチンは、サフランやクチナシに含まれる黄色の食材です。毛様体筋を潤滑に動かせるよう働きかけ、眼の血流を改善してくれます。目に必要な栄養素を上手に取り込んで日頃から眼精疲労対策をしましょう。